女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠前と比べ

女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠前と比べて増加します。ほぼ倍にあたる480μgを摂取すると葉酸不足には陥りません。
ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取にならないよう気をつけましょう。

上限を超える葉酸の摂取が続くと全身の症状として、発熱やかゆみなどを起こす危険もあるとされるので、たくさん摂れば良いというものでもないのです。ちょっとでも早く子供が欲しいと妊活する場合、栄養は最も重要です。
肥満はよくないですがダイエットはひとまず控え、きちんと栄養を摂るようにしましょう。
間食は栄養を摂る目的と捉え、過剰摂取に気を付ければストレスから解放されるためにも有効です。
妊活している時に気にかけるべきなのはストレスへの対処です。
過度なストレスがかかると筋肉が緊張状態となり、血流を悪化させます。それが原因で、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。



仕事を持つ方でストレスは大きいし、かつ生活習慣も乱れがちだ、という場合は、いっそのこと休職を申し出ることも考慮してみましょう。

食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、代表的なのはレバーや枝豆ですが、ある栄養素を摂るためだけに葉酸の多い食材にこだわって食べるのもちょっと考えられない話です。簡単に葉酸を多く摂ろうと思うなら、以前ブームになったスムージーがあります。
ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に飲みやすくするための果物、水分を入れれば作るのも簡単、飲んでも美味しいスムージーが完成します。

葉酸の効果が知られれば知られるほど、できる限りたくさん摂取しようと単純に考える方もどこかにいるのかもしれませんが、いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると様々な副作用を起こします。症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。
呼吸障害が起きる重篤なケースも見られます。
葉酸にも摂取の上限があり、成人で1日あたり1000μgとされます。

超過にはくれぐれも気をつけてください。



妊活中は体が冷えてしまう事は避けたいものですよね。
体が冷えてしまうと血行不良になって、子宮や卵巣の機能を不調にさせるおそれがあるからです。冷えは体の末端から始まりますので、もし、冷えを感じているならば、ソックスを使って簡単に冷えを抑える「冷えとり健康法」を生活に取り入れてみるなどして体を冷やさないように工夫して、冷えを改善して血行を良くするようにしてください。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、雑誌やインターネットのサイトで妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、共通して書かれていたため、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、過剰摂取だけ気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。


妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻はサプリメントを飲み始めました。



私には関係ないと思っていましたが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」という意見でした。

男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。劇的な変化はありませんが、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎を起こすことが少なくなってきました。


実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えば多くのやり方が考えられます。

一番手軽なのは食材の中の葉酸を増やしていくことです。
そうは言っても、熱に弱いのが葉酸の特長なので妊婦の所要量を食事だけで摂ろうとするとどんな方でも、毎日継続するのは難しいと思われます。
効率的な葉酸の摂取という面からみても、補助的にサプリなどを使うのがおすすめです。


もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。
下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年経過しても妊娠しなかったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、この際だから体をくまなく検査してもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと夫婦間で合意したのですが、思い返してみると、この話し合いが私の妊活の始まりでした。